「ざく」は新居浜の料亭・波満蝶がルーツ

meibutu.gif
 

★[お知らせ]

 お待たせいたしましたふぐ料理、ふぐざくの提供開始時期が参りました。
 再開は10月より始めます。

 また、暖かくなる6月中旬頃には、ご提供終了時期を考えております。
 引き続きよろしくお願い致します。
                      平成30年10月1日波満蝶店主拝
      
fuguzakum.jpg
ふぐざく料理
 数あるふぐ料理の中で、新居浜発祥の名物ふぐ料理と言えば「ザク」が有名です。 ふぐの小間切身、皮、ネギ、ワケギを、紅葉おろしや、ポン酢で味付けした、波満蝶独自の料理ですが、 今では、新居浜市内各店の板前が微妙な味を出して、最近特に人気が高まっています。
 ざくの始まり由来は、昭和14年頃、初代波満蝶店主の藤田浅次郎が、店の客の求めに応じ、 簡単なふぐ料理を作っている内に、現在の形が完成したもので、フグの身や皮等をザクザクと刻んで 混ぜ合わせていることから、長い間に「ザク」と呼ばれるようになりました。
 現在では、新居浜地元の人が、他の土地で新居浜独自の料理名と知らず注文するのをきっかけに、 いつの間にか全国的にも「ザク」として名が通り普及しております。
ふぐざくの作り方
ふぐの身 ふぐの皮
@ まず身を 2〜3ミリ幅に ざくざくと切ります。
同じように とうとみ、内皮、皮を刻みます。
A 左上から 身、とうとみ、左下、内皮、皮
器に入れる ふぐざく完成
B それらを器に盛り付けます。 C その上に わけぎ、紅葉おろし、カワハギの肝を乗せ
出来上がりです。食べるときにポン酢を掛けます。

ホームへ